認知症予防のアロマ(香り)

嗅覚神経は海馬に直結

嗅覚神経は脳の海馬と呼ばれている記憶に関わりの深い脳の部分に直結しているために、香りによって脳を活性化させ認知症の予防ができるということが、テレビ番組である「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」よって話題に上ったことがあるのをご存知の方もいるかと思います。

またこれにより、認知症の発症からまず最初に機能が損なわれる部分が嗅覚にまつわる神経であるために、そこから直結している海馬を通じ脳の機能に影響が広がってしまうという仕組みになっていると言われているため、根本である嗅覚神経を刺激することで認知症の予防に繋がるというのが具体的な内容となっています。

アロマにより嗅覚神経を刺激

香りにまつわるアイテムといえばアロマが広く普及しており女性の間で人気なものの一つですが、このアロマにより嗅覚神経を刺激することができるため認知症の予防に効果があるとされ、認知症が発症してしまった方に対しても投薬並みの効果が期待できるという結果もあるそうですので、お手軽な点を考慮すれば非常に有効な予防法と言えるかもしれません。

このうち研究で使用されたアロマはローズマリーレモンラベンダーオレンジとなっており、アロマの中でもポピュラーなものですので入手し易いという面からも手軽に行え、また継続しやすいというメリットもあります。

天然のものを使用するのが良い

注意点の一つとしては添加物が配合されていない天然のものを使用するのが良いということですので、認知症の予防としてアロマを購入する際には成分表示を良く見ておく必要があるでしょう。
具体的な使用方法は、昼にローズマリーとレモンを各2:1で混ぜたものを午前に二時間以上、夜にはラベンダーとオレンジを各2:1で混ぜたものを就寝一時間前から二時間以上使用することで認知症の予防にとって特に効果的だと言われています。