認知症予防のサプリメント

ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸

認知症の予防にも様々な方法がありますが、その中の一つにサプリメントの摂取によるものがあります。
サプリメントは、もし認知症が発症した場合でも用いられることのあるもので、副作用がないことから手軽に使用できるというのが大きなメリットです。

認知症予防の代表的なサプリメントとして、脳の栄養素ともいわれる皆さんご存知のドコサヘキサエン酸エイコサペンタエン酸があり、この二つは不飽和脂肪酸と呼ばれている脂質の一種で、神経伝達物質の分泌を促したり血流の改善効果から結果的に脳を活性化させ、これが認知症の予防に繋がってくるというわけになります。

悪い生活習慣は改める

こうしたサプリメントはドラッグストアなどで簡単に手に入れることができるため、手軽にできる予防策の一つといえますがその効果は生活習慣と密接に関わっているという研究結果があり、過度な飲酒や喫煙が習慣となっている方にはサプリメントの効果がでにくくなってしまうそうですので、サプリメントを常用するのであれば悪い生活習慣は改める必要があるでしょう。

ガンマーアミノ酪酸(ギャバ)

他にも効果的なサプリメントにはガンマーアミノ酪酸という成分を含んだサプリメントがありますが、これはギャバという名前で知られているものでこれも聞いたことのある方も少なくない思いますが、具体的な効果として脳の代謝機能を促進させるというものがあるために、現在認知症の予防にとって注目されている成分となっています。

各サプリメントを認知症の予防策として摂取していく上での注意点として、サプリメントを摂っているから栄養は十分だ。と考えてしまうことです。
認知症の予防にとっては食事も重要なファクターと成り得ますので、認知症に予防にとっても効果的な食生活にサプリメントを併用することでより高い効果が得られることになりますので、前述した生活習慣を含めあらゆる点から予防策を実践することが重要と言えるでしょう。